球速を上げる 筋トレ 速球の投げ方

球速をアップさせる為に必要な要素

ピッチャー(あなた)の潜在能力を引き出し、今よりも確実に球速をUP!
少年野球からプロまで実践可能球速アップの秘密をあの森部トレーナーが教えます!

球速がUPする理由とは?

球速アップに成功したピッチャーキレのある速球で相手のバッターを次々と三振に討ち取るのは、ピッチャーとしては憧れですよね。

速球投手になるには、当然ならが今よりも球速をアップさせる必要があります。

速球を投げるために必要な要素はいくつかありますが、特に、

・しなやかな筋肉

・パワー

・投球フォーム

・安定した下半身

が、カギとなってきます。

思うように球速が伸びない・・・と悩んでいるかたも多いかも知れませんが、だとしたら練習方法に問題があるのかもしれません。

正しい方法でトレーニングを行なえば、力の入れ方や投球フォーム、手首の使い方、バランスのとり方等の効率があがり、ほぼ間違いなくあなたの球速はアップするでしょう。

練習の仕方さえ間違えなければ、さほど時間がかかることもありません。投げるのが楽しくて仕方がないくらい、どんどん球速は早くなっていくでしょう。

やがて、誰からも認められる速球ピッチャーになるでしょう。

そうなる為には、専門のトレーナーの指導を受け、投球フォームやトレーニングに関する正しい知識を身に付け、実践することが大切です。

ピッチャーに求められる筋力について

球速を今より15km/h以上、上げることは可能なのでしょうか?

正しいトレーニングを続ければ十分可能です。

まずは、以下のようなことを意識して投げるようにしましょう。

・肩まで腕を上げる

・しっかりと胸を張って投げる

・足の踏み込みに注意する

・体の回転を意識する

まず、速球を投げる時は下から上に円を描くイメージで両腕を肩まで上げてください。

しっかりと胸を張ることで正しいトップを作ることができます。

また、投げる動作を始める時、足をしっかりと踏み込むようにしてください。

踏み込みが足りないと速球を投げにくくなります。

球速を上げようすると力んで、腕に力が入ってしまう人も多いです。

しかし、これでは球速が上がりませんし、無駄な力が入ってしまうので腕のしなりが弱くなり、かえって球速が落ちてしまう可能性があります。

そうではなく、体の回転を意識して、腕ではなく体を回して投げるイメージを持ってください。

キレのある速球を投げるには筋力だけでなく、体のしなやかさも必要なのです。



TOP PAGE