ピッチング上達をサポート

ソフトボールピッチャーにとって必要な筋力を効率よく付けることができる筋トレとは!?トレーニングの具体的な方法から速球の投げ方まで。
あなたはどのようなトレーニングをしていますか?間違ったトレーニングではピッチングが思うように上達しなかったり、理想の筋肉や投球フォームが身につかない等の弊害につながります。
ぜひ、専門家の指導の元、正しいトレーニングを行って下さい。

<% meta_keywords %>

ピッチングメソッド完全制覇セットとは

ソフトボールピッチングが見る見る上達する練習法DVDセット。

6年以上の実績があるソフトボール上達練習法研究会において、最も売れている自信の教材に万全のフォローQ&A教材をセットにしてお得な完全制覇セットをご提供しています。

外してはいけない3つの基本ピッチング・スタイルから、
誰にも打たせない変化球のマスター法まで。
<% meta_keywords %>

真ん中の△をクリックすると動画が始まります※音声が出ます

おすすめ度

<% meta_keywords %>

<% meta_keywords %>

ソフトボールピッチャー向けトレーニングのコツ

今よりも球速をUPさせたい、ストレートの速球で三振がとれるピッチャーになりたい・・・と思っている君へ。

キレのある速球を投げれるピッチャーは、それだけで相手のバッターを三振に打ち取る事が出来ます。

その為には、今よりも球速をアップさせる為の投げ方はもちろん、筋力トレーニング法を実践する必要があります。

球速アップに効果的なトレーニングのポイントは、

①速球を投げる為に必要な筋肉を、必要な部位に必要なだけ付ける
②速球を投げる為に必要な部位、筋肉の動きを連動させる
③肩・肘・くびにダメージや疲れを残さない

の、3つを意識したトレーニングを行なうことがポイントです。

きびしくて辛いだけのトレーニングでは、思うように上達しません。

安全で確実、さらに結果がすぐにでる練習法の方が楽しく、きっと上達も早いでしょう。
<% meta_keywords %>

ソフトボールピッチャーには下半身の強化が必要

下半身を鍛える場合、以下のような方法が効果的です。

・インターバル走
・ポール間ダッシュ
・ベースラン
・ジョギング
・空気椅子の状態で歯を磨く
・スクワット

インターバル走やポール間ダッシュ、ベースランを全力で行うことで、下半身を強化できます。

これらをすることで、持久力はもちろん、瞬発力も一緒に鍛えることが可能です。

それに、ジョギングも下半身の強化に効果があります。

特にピッチャーは、体力も必要になるので、ジョギングをした方がいいでしょう。

ジョギングをすれば、下半身を鍛えることができますし、体力も一緒にアップできます。

また、家の中でも下半身を強化できる方法があります。

例えば、空気椅子の状態で歯を磨くだけでも、効率良く下半身を鍛えることが可能です。

最初は辛いかもしれませんが、毎日の習慣にすれば確実に下半身を強化できるでしょう。

筋トレで鍛えるなら、スクワットがオススメです。

ただ、いきなりたくさんしようと思うと、膝を壊したり、長続きしないので、最初は無理のない数から始めるようにしてください。

もうトレーニングメニューで悩まない

<% meta_keywords %>

<% meta_keywords %>


ソフトボール上達のコツ